東京オリンピック: アスリートが記録上最もホットなゲームに直面する恐れがある

まるで コロナウイルス と戦うのに十分ではありませんでした, 開始前に到着したオリンピック選手 東京ゲームズ 金曜日に今、日本の夏の鋭い終わりに自分自身を見つけます.

梅雨明けに日本の首都が下る暑さと湿度は、大会開催の入札を勝ち取って以来、懸念されてきました。 2013.

東京の主張に対する疑問 2020 7月と8月の「穏やかな」天候がアスリートに理想的なスポーツ環境を提供するであろうピッチは強調されました 2019, いつ 国際オリンピック委員会 主催者に圧力をかけた マラソンや競歩イベントを移動する 札幌の涼しい気候へ, 800km (500 マイル) 東京の北.

東京で初めてオリンピックが開催された, に 1964, 主催者は「夏」のゲームを秋に移すことを決定しました, 気温が快適に低いとき.

しかし、今年競争するアスリートは、記録上最も暑いオリンピックに直面する可能性があります, 高温と残酷な湿度を組み合わせて、屋外で過ごすすべての瞬間を耐久テストにします.

東京の住民は屋外で運動しないように警告されたので, で練習しているビーチバレーボール選手 潮風公園 砂が足に熱すぎると不平を言った, アスリートが日陰で待っている間、スタッフに競技場をホースでつなぐように促す.

オリンピック主催者は、暑さの最悪の影響からアスリートを保護すると彼らが言う対策を導入しました, 冷却テントを含む, ミストファンとボランティアのためのアイスクリーム.

環境省の色分けされた目盛りは、定期的または激しい運動を避けるべき時期を住民に警告しています. 火曜日の午後早く, 同省は、湿球黒球温度–これは温度を組み合わせたものであると報告しました, 湿度, 風力および日射測定– 立っていました 31.8 度, 「危険」警告を促す. WBGTは、今後3日間で20代後半に落ちると予測されています, しかしながら.

同省は、WBGTが超過した場合はスポーツ活動を停止することを推奨している 31 度, しかし、同じ基準がオリンピックのイベントに適用される可能性は低いです。. 発行しました 13 共同通信によると、昨年の7月下旬から8月上旬までの「運動なし」の勧告は、今年のオリンピックと同じ時間枠である。.

国内の観客の禁止は、日本のスポーツファンがエアコン付きの家の快適さから行動に従うことを意味します, しかし、熱中症の症例の予想される増加は、Covid-19感染とワクチン接種の展開によってすでに拡大されている医療サービスにさらなる圧力をかける可能性があるという懸念があります.

日本の夏の暑さは健康に深刻な脅威をもたらす可能性があります, 特に高齢者の人口が多い中で. に 2019, より多い 71,000 人々は熱射病の救急医療を求めました, と 118 6月から9月の期間中の死亡. 昨年, パンデミックが原因で外出する人が少なくなったとき, まだありました 65,000 ケースと 112 死亡者(数.

「7月と8月にゲームを開催することは…コロナウイルスのパンデミックの前でさえ深刻な問題でした,” Haruo Ozaki, 東京医師会会長, 今月記者団に語った.

「競技ウォーキングなどのイベントでは、熱射病のリスクが依然として高いです。, トライアスロンとビーチバレーボール。」

パンデミックにより、多くのアスリートはイベントの数日前に到着することを余儀なくされましたが, 他の人は順応する時間がありました. 彼らはオーストラリアのソフトボールチームを含みます, 6月上旬に合宿に到着した人 スポーツアクションを開く 水曜日に福島で日本と対戦, 予報は37Cの最高値ですが, 慈悲深く, たくさんの雲量.

フランス通信社が報告に貢献.

コメントは締め切りました.