鬼ごっこ: レビュー

ソート: 日付 | 題名 | ビュー | | ランダム ソート昇順
見る:

Decision to Leave review – Tang Wei stuns in Park Chan-wook black-widow noir

0 ビュー0 コメント

Korean director Park Chan-wook was once the master of gonzo revenge violence but with the adaptation of the Sarah Waters novel The Handmaiden in 2016 he pivoted with flair to the elegantly designed suspense thriller. ...

Pissarro: Father of Impressionism review – quiet man of art brought into the light

0 ビュー0 コメント

The French impressionists have proved fertile territory for gallery-film specialists Exhibition on Screen, with offerings hat-tipping Monet, Degas, Renoir and their peers. This one extends the range slightly outside t...

Shut In review – Vincent Gallo returns for clueless poke at Hollywood’s ‘liberal bias’

0 ビュー0 コメント

Donald Trump fan Vincent Gallo is out of acting retirement; he’s swapped his slippers for a syringe to play a seedy meth addict in this ropey survival thriller. It’s produced by conservative news website the Daily Wir...

Luzzu review – beautifully observed study of fishers trying to stay afloat

0 ビュー0 コメント

Awash in blues and yellows, the colours of the traditional Maltese fishing boat known as a luzzu, Alex Camilleri’s debut is nothing short of a future neo-realist classic. Enveloped in the gentle rippling of the cerule...

プレミアリーグ 2021-22 レビュー: players of the season

0 ビュー0 コメント

In curling his first goal of the season beyond the outstretched arm of the Norwich goalkeeper Tim Krul, Salah became the first player to score in the opening game of five consecutive Premier League campaigns. At the t...

Vladimir by Julia May Jonas review – slippery sexual politics

0 ビュー0 コメント

“I ask this one thing:/let me go mad in my own way,” opens the epigraph – taken from Sophocles’s Antigone – of Julia May Jonas’s debut novel. It unfolds in the wake of seven allegations of sexual misconduct against a ...

ロータスビューティーレビュー–サロンが設定した社会問題のドラマは肌を深くするだけです

11 ビュー0 コメント

ロータスビューティーは、必死に重要な主題を扱っています. サウソールの南アジアコミュニティの真っ只中にあるビューティーサロンを舞台に, 西ロンドン, 家庭内暴力のテーマが含まれています, うつ, 死産, わたしは...

ジェリー・リー・ルイス: マインドレビューのトラブル–イーサンコーエンのキラーへの驚くべき賛辞

3 ビュー0 コメント

コーエン兄弟は、幽霊の出るカリスマ的な不正行為者のソロプロジェクトのために一時的に別れました: ジョエルにとってはマクベスでした, イーサンにとって、それは反乱を起こしたロックンロールの伝説であるジェリー・リー・ルイスになりました, 身震い,...

フォーエバーヤングレビュー – 自己関与のドラマ学生の際限なく退屈な話

1 ビュー0 コメント

終わりのないドラマ, ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ監督と脚本家のアニエス・ドゥ​​・サシーによる、非常に緊張し、慈悲深い才能のある世代についてのこの叙事詩的に退屈な映画の永続的なふくれっ面とノンストップのナルシシズム ...

ホーリースパイダーレビュー–イランの犯罪スリラーは実際の事件を取り上げ、それを信じがたいものにします

2 ビュー0 コメント

ホーリースパイダーは、通常よりも手順を進める連続殺人犯の手順です, かなりおなじみの比喩の展開にもかかわらず. それは、非難と逮捕を超えています, 殺人者の詐欺を拡大する。.

手紙で: すべての良い男の子は元気です; 島民; Sentient –レビュー

10 ビュー0 コメント

ジェレミー・デンクチョッパー, £20, pp384 デンクはアメリカで最も有名なクラシックピアニストの一人です. この明るく賢明な回想録で, 彼は、男子生徒の天才から何年にもわたる厳しい研究から彼のEVまでの彼の旅を図示します。.

ジョー・ライセットのレビュー–いたずら, パーティーゲートと幽霊のようなヤギ

15 ビュー0 コメント

スーグレイのレポート、またはそれを待つ長い間、再び見出しを支配しているように, それの彼自身のバージョンを漏らしたコメディアンがどこに, 4ヶ月前? そのスタント, それは権力の回廊で「大衆パニック」を引き起こしました。.

アーダルオハンロンのレビューによるBrouhaha–ストーリーは何ですか?

12 ビュー0 コメント

俳優でコメディアンのアーダルオハンロンの最初の小説, 1998の町の話, 独特の文学的な才能の出現をほのめかした, フランオブライエンとアーヴィンウェルシュの等量. 彼のフォローアップはほぼ ...

The Wreckers review – Glyndebourne bring Smyth’s rarity to vivid and passionate life

4 ビュー0 コメント

This year’s Glyndebourne season opens with a new production of Ethel Smyth’s The Wreckers, conducted by Robin Ticciati and directed by Melly Still. The first opera by a female composer to be performed at the festival,...

ハリー・スタイルズ: ハリーズハウスレビュー–きらめく, 気分のメロディー

4 ビュー0 コメント

彼について 2017 セルフタイトルデビュー, ハリー・スタイルズが完全なシンガーソングライターのコスプレモードで到着しました. 彼のボーイバンドを追い越すことに熱心, 彼は特大のアコースティックギターを身に着け、1970年代に自分自身を運びました. それはcを突破しました。.

Benediction review – artful Siegfried Sassoon biopic full of unresolved yearning

4 ビュー0 コメント

Terence Davies, the writer-director behind such modern classics as Distant Voices, Still Lives, The Long Day Closes and more recently Sunset Song, has long been one of the great poets of British cinema. It’s perhaps u...

« 前へ