鬼ごっこ: お祭り

ソート: 日付 | 題名 | ビュー | | ランダム ソート昇順
見る:

より高い, チェルトナムフェスティバルで4回優勝, の年齢で引退します 11

21 ビュー0 コメント

より高い, ここ数十年で最も多作で人気のあるジャンプ馬の1つ, 彼の所有者が彼を引退させることを決定した後、再びレースをすることはありません。, フィット, 健全で健康的で、新しいキャリアの準備ができています。」, Nic...

パークライフフェスティバルのレビュー–マンチェスターがまだ怒っている証拠

18 ビュー0 コメント

ホスティング 80,000 毎日雨に強いパンター, パークライフフェスティバルは、マンチェスターのエネルギーを絶賛の飛び地としてカプセル化します. 今年のエディションは、英国で最も野心的なラインナップの1つを誇っています, 大ヒット作を混ぜないで...

古典的な週: ベルリンフィルハーモニー管弦楽団/ペトレンコ; ルツェルン音楽祭でのパルテノープ

15 ビュー0 コメント

今年のルツェルン音楽祭は「クレイジー」を選びました ("クレイジー") そのテーマとして. それはいつでも選択かもしれません, 季節を問わず. 最高の音楽の多く, 多くの作曲家, 一部のパフォーマーと私たちが住んでいる世界は、それに答えて...

死んだおいしい: イギリスの歴史祭が墓地でのピクニックの伝統をよみがえらせる

9 ビュー0 コメント

「墓地」を考えるとき、贅沢なピクニックや家族のごちそうが最初に頭に浮かぶことではないかもしれません, しかし、静かな夕食をとる異教徒から墓石の中で屋外で食事をするビクトリア朝の人々まで, イギリスの食品tr ...

プロムスフェスティバルオーケストラ/ウィグルスワースレビュー–歓喜の1回限り

30 ビュー0 コメント

「どこにもドライアイはありません, 確かにステージ上ではありません,」この前にミュージシャンの一人が言った, プロムスフェスティバルオーケストラによる最初の、そしておそらく最後のパフォーマンス. 英国のミュージシャンは執拗に持っていました。.

道の終わり 2021 レビュー–人生を肯定するフェスティバルで携帯電話をポケットにしっかりと入れる

15 ビュー0 コメント

今年の夏は、太陽とお祝いを垣間見るだけで過ぎ去ったようです. コビッドが通常の英国のフェスティバルシーズンをほんの数ヶ月に絞ったように, rを通過した各大規模な集まり。.

レディング・フェスティバルとリーズ・フェスティバルのレビュー–ストームジーとリアム・ギャラガーが大衆を癒す

17 ビュー0 コメント

「パーティーが好きな人? 私たちはみんな家の外にいます!」とウルフ・アリスのベーシスト、テオ・エリスがこのフェスティバルとして叫ぶ–伝統的にGCSE後の爆発, リーディングの同時レッグで–その後に戻ります 2020 キャンセル. NS...

暑い夏の夜: 「初めてのお祭りで, 自律的だと感じた, 望ましい無料」

22 ビュー0 コメント

私が...だったとき 17, 私がほとんど知らなかったことがたくさんありました. 太陽の下で燃えることやユーロの使い方について知りませんでした; 私は海で泳いだことはありませんでした. 私は大家族の一員で、貧しかった. 私の両親は心配していなかったので...

Crowded Lollapalooza music festival could bring cascade of Covid cases, experts warn

40 ビュー0 コメント

The Lollapalooza music festival in downtown Chicago will likely cause a spike in Covid-19 infections, said public health experts, after tens of thousands of people gathered there this past weekend. The four-day festiv...

Three Choirs festival review – poetic harmony resonates with the times

39 ビュー0 コメント

It’s part of the Three Choirs festival’s rich tradition that works by contemporary composers are commissioned to take their place alongside the major choral masterpieces written for the festival over almost three cent...

Oksana Lyniv is first female conductor to open Bayreuth festival

21 ビュー0 コメント

For the first time in its 145-year history, the Bayreuth opera festival has been opened by a female conductor. Oksana Lyniv was applauded with warmth and vigour by the festival audience at the end of conducting Richar...

Latitude festival review: a hyper-real return to glitter, beer and British musical brilliance

33 ビュー0 コメント

Standing in a field, wearing glitter, watching bands, with a warm pint in blazing hot sun: these human behaviours had to be relearned for the first full-capacity UK music festival since the pandemic began. いくつか 40,000...

Latitude festival 2021: 40,000 party people, good vibes, and not a mask in sight

41 ビュー0 コメント

All bands at festivals like to tell the crowd: “Hello [place we are in] … it’s great to be here.” At Latitude this weekend, these greetings – and the cheers they were met with – felt more genuine than they ever had be...

Glastonbury festival: September one-day event not going ahead

30 ビュー0 コメント

Emily Eavis has confirmed that the Glastonbury festival will not go ahead with the one-day music event it had previously proposed for September. 5月, Mendip district council granted a licence allowing for up to 50,...

Spitalfields festival Dancing With Apollo review – beauty and insights as festival turns to classical mythology

20 ビュー0 コメント

Part of Spitalfields Music festival, Dancing With Apollo was effectively a lecture concert about classical mythology and its reinterpretation over time, a vast subject that dominates western culture, and barely contai...

Cambridge Comedy festival review – Mark Watson keeps head above water in washed-out Friday

39 ビュー0 コメント

Another al fresco comedy gala, another downpour. It must have seemed a smashing idea when the organisers of Cambridge’s annual comedy festival, faced with continuing Covid restrictions, recast the event as “the UK’s f...

« 前へ