シド: 「私はいつも同性愛者であることを強調してきました. 私と一緒にビデオに女の子がいます, 他に何を言う必要がありますか?’

Sydのインタビューは、最近のほとんどのインタビューと同じように始まります: 避けられないズームの問題をお詫びします, とシド, ゆったりとしたパジャマと素敵なアパートの帽子でリラックス, 優雅にこれを振り払う. 次に、ワイルドカード要素がチャットに入ります: シンガーソングライターはソファの上の毛皮のような束に包まれています. 上記のバンドルはロッキーです, 小さな, 「気になる」ヨークシャーテリア. 「彼は絶対に私を愛しています. 彼は多くの人が好きではありません," 彼女が言います, これは明らかに本物の誇りのポイントです.

シドニー生まれローレンベネット, 29歳の彼女はヒップホップ集団の一部として名を馳せた オッドフューチャー. その後、彼女はインターネットのネオファンク衣装の前に立ちました, そして今、彼女は自分自身でソロアーティストとしてレコーディングしています. ロッキーは彼女の人生に新しいです, 彼の所有者もそうです, シドのガールフレンド. 彼女の次のセカンドアルバムを作っている間, ブロークンハーツクラブ, Sydは、2年間にわたる関係の苦い終わりと、世界的大流行の軽微な問題を処理していました。. 封鎖が世界を席巻したように, 関係は崩壊し始めました; 彼女の元は、彼女がもはや女性との関係になりたくないことを明らかにしました. シド, 彼女の人生で初めて, 失恋した. 「私はそれが永遠に続くだろうと思った," 彼女が言います. 「私たちはそれが永遠に続くことについて話していました. 私たちは結婚して子供を持つことなどについて話しました。」

解散の上に, シドは、それが起こる前に彼女が作っていた音楽を聞くのにもはや耐えられないという事実と戦わなければなりませんでした. 「私はラブソングでいっぱいのアルバムを書いていました!" 彼女は笑う. 「ワーキングタイトルの1つは、文字通りInLoveでした。」放射性降下物に対処するのに時間がかかりました, 創造的かつ感情的に: 「私は間違いなく6か月間一人で座って、それを乗り越えなければなりませんでした。. そしてまた, 私は好きだった: 「これを燃料として使わせてください, 素晴らしいアルバムを作るために. 説得力のある何か。」

そしてそれはまさに彼女がしたことです. シドは記録を再考した, きらめくを作成しました, 脆弱なブロークンハーツクラブ, 幸せな始まりから終わりまでのラブストーリーを記録する. 彼女はアルバムにそのタイトルを付けました。, 彼女の関係が終わったとき, 彼女はまるで「より強い人々のクラブに参加したかのように感じました. 計画を立てた人, 他の誰かがレンチを投げただけです。」

分裂は孤独になる可能性があります, しかし、シドはケラーニのような星空のボーカリストのキャストを参加させました, ママ, SminoとLuckyDaye –アルバムに参加する. 「正直なところ, もっとコラボレーションしたいと思ったのは、マックミラーの死でした。,」シドは言います. ミラー, の偶発的な過剰摂取で亡くなった大人気のラッパー 2018, インターネットの長年の友人であり音楽の共謀者でした. 「彼はただの慢性的な協力者でした. そして一日の終わりに, それは私たち全員が話しているコミュニティです. 彼はみんなをとても特別な気分にさせました. もっと彼のようになりたかったのです。」

シドはただだった 16 彼女がオッドフューチャーに参加したとき, Syd thaKydという名前で仲間のメンバーやMattMartiansと共演. (彼らのキャリアは非常に速く始まったので、シドは父親に $200 彼らがライブで演奏できるように、クリスマス用のCDミキサー。) 過去10年間, 彼女はインターネットのリードボーカルでもあります, 彼女のバンド, 火星人も含まれます. だからシドは彼女の周りの人々にインスピレーションを見つけることに慣れています. 彼女がブロークンハーツクラブの一部を制作している間 彼女自身, 彼女はまた、他の人から提出されたビートに頻繁に書き込みました, プロデューサーのブランドン・シュープとトロイ・テイラーを含む, ホイットニーヒューストンや アレサ・フランクリン. (「彼は私が育った曲を作ったこの伝説的なプロデューサーのようなものです,」シドは言います。)

Broken Hearts Clubには、Sydのシグネチャースリックシンセサイザーが搭載されています。, 彼女を作ったのと同じ柔らかくて確かなセクシュアリティ 2017 デビュー, 終わり, だから逮捕, 新しく感じるのは感情的な真実です. さようなら私の愛は彼女が彼女の別れの厚さで書いた数少ない曲の1つです, でもそれを歌っていたのでずっと後になるまで録音されませんでした, 彼女が言います, 彼女を「sob」にしました. スペイン風の弦がRightTrackをアニメーション化する, クリスティーナミリアンとデスティニーズチャイルド風のポップクロスオーバーの瞬間, チャンキーなプリンススタイルのギターリフがFastCarにポップアップし、Could You Break aHeart. 大声で, ケラーニをフィーチャー, 彼女にとって特に重要です, 彼女が言います: 「それは本当に個人的な歌です, 私の元との会話に基づいて, 彼女が私のことをみんなに話していなかったことに気づいたとき。」

それは非常に個人的なトピックです, especially for a musician who has never particularly wanted to place her queerness at “the forefront of the press”, as Syd puts it. “I’ve always made it a point to just be gay," 彼女が言います. “It was just like: ‘Look, there’s a girl in the video with me. What else do I need to say?’” In the four years since Syd released Fin, しかしながら, the R&B landscape has bloomed as a space for LGBTQ+ artists, with gay acts such as Frank Ocean and Lil Nas X flourishing. Syd understands that Out Loud is the song that “the people around me really want me to push”, but she feels wary.

“On one level I’m like: ‘Dang, I’m glad that you guys want to support this equality thing,’” she says. “‘But are you trying to make money off of it?’ That’s where it gets confusing and tough on the morals. I definitely love the fact that I can be a role model. I love the responsibility of providing representation. But I think I’ve always tried to do that in the most natural way possible. I’m trying to find the right way to really let [大声で] shine, without corporate agendas being involved.”

まもなく, this will be less of a worry. Although Syd is grateful to her label, Columbia – “They gave me money when I had no money. They gave me time, and opportunity, to make three, four albums with my friends, and two albums on my own,” she says – Broken Hearts Club is her last record with the label. “I think I’ve got my wings now, so I’m gonna try it out on my own after this.” She bursts into laughter. “Maybe I’ll push my gay agenda once I’m independent!」

今のところ, しかしながら, Syd’s focus is on all the new things in her life: new album, new relationship (“much better” than her last), and of course a new companion in Rocky. He has joined her again as we say goodbye, curling up on her lap after being taken outside. Rocky’s living the good life, I say, and Syd agrees: “A nice lap to sit in and somewhere to pee! What more could you ask for?」

ブロークンハーツクラブ by Syd is due out later this year.

カテゴリー:

プレム

タグ:

, ,

コメントは締め切りました.